Spiritual~MIND

中国に昔から伝わる占術|九星気学の特徴を詳しく紹介

占いについて

基礎知識について

相談

占いという言葉を耳にしない日はないと言うくらい、毎日、テレビや雑誌、インターネットなどで様々な占いが掲載されています。血液型や姓名、誕生日、星座、手相、タロットなど様々な占いがあります。その占いの中の一つ九星気学について説明します。九星気学は、生まれた年月日の九星と干支、五行を組み合わせて占う東洋の占いです。 五行とは、木、火、土、かな、水の5つの自然属性のことを言います。九星気学では、人は生まれた瞬間に気を受けると考えられています。この気には、9種類あり、どの気を受けたかによってその人の運命の傾向がわかるとされています。性格や運命を知るには生まれた年からわかる本命星と生まれた月によってわかる月命星があります。また、九星気学の1年は、立春の2月4日から翌年の節分の2月3日となっています。そのため、1月1日から2月3日に生まれた日は、自分の生まれた年ではなく、前年の年で占うことになります。九星気学は、9の星があり、それは、一白水星、二黒土星、三碧木星、四緑木星、五黄土星、六白金星、七赤金星、八白土星、九紫土星に分かれています。どの星に属しているかで相性や運命などを知ることができます。また、書店や神社などには、毎年、その年の九星気学の占い結果が記載されているものが販売されています。その日その日の運命が記載されています。また、運命のグラフなどもわかりやすく記載されています。自分がどの星なのかインターネットなどで簡単に調べることもできます。

八百万の神を信じる日本人

女の人

『言霊』とは、言葉に宿る不思議な霊力のことを言います。古代の日本では、口にした言葉が霊力で実現すると考えられていました。それにより、実現して欲しい事柄を敢えて口にしたり、それとは反対に、実現してはいけない不謹慎な言葉を慎む、という習慣が生まれました。それは『言霊信仰』とも呼ばれ、現在の一般的な宗教とは違いがありますが、現代の日本人にまで綿々と踏襲されており、迷信や縁起担ぎと似ています。この考え方は、『祝詞』や『忌詞』とつながっています。『祝詞』とは、神徳を称えて崇敬の意を奏上することを言い、それにより、神のご加護や利益を得ることで、神職が神社などで行っているのを目にしたことのある人もいるでしょう。一方の『忌詞』とは、使うと不吉とされる言葉、またはその代わりに使う言葉のことを言います。神道においては、仏のことを中子、死を奈保留、病を夜須美と言い換えました。現代では、滑るや落ちるなど、受験生にとっての忌詞も存在しています。これらは、敢えて「言葉にする」ことで幸いや幸運をもたらし、「言葉にしない、言い換える」ことで厄災を避けようとする、日本独特の風習です。古来から八百万の神を信仰してきた日本人にとって、「様々な物事に神が宿る」という考えは、当たり前のこととして信じられてきました。その延長線上で、「言葉にも神が宿る」「霊力が備わる」といった考えが生まれたのも、自然なことと言えます。「あなたが無事でありますように」や「お前などいなくなってしまえ」と口にした後、偶然にもそれが現実となったというようなことが、古代の人々の心に、実感として残ったのかもしれません。しかし、西洋には存在しない考えの為か、英語には『言霊』に相当する言葉がありません。外国人には奇異に映るであろう、日本独特の『言霊』という考え方ですが、それこそが、日本人の精神や在り方を形作っている核をなすものと言えるでしょう。

悩みを無くすために

男女

自分の仕事について占いで視て欲しい人は多いです。そして、そんな人の多くが色々な占い師に通っています。占い師は、占って欲しい人の生年月日や手相、人相を元に仕事運を占います。また、水晶玉を利用したり、霊感を使った占いも人気があります。仕事がどうかを視て欲しい時に特に人気があるのがタロット占いです。これは、22枚のカードを利用します。自分でもできますが、やはり詳しく知りたいなら占い師に通うのがベターです。何故なら、タロットカードには他にも小アルカナというカードがあり、これは56枚のカードを利用するからです。小アルカナを交えて占うのはプロの占い師だからこそできる技です。タロットカードの場合、直接通わなくても電話で視てもらえるのもメリットです。絶対に人に聞かれたくない内容の場合、電話を利用するケースは多いです。また、忙しくてなかなか直接行けないという場合にも便利です。手相も仕事を視てもらう時に人気があります。その人の両手を視て過去と現在、未来を占う事ができます。手相の線は非常に多く、さらに長さや場所によって意味が異なります。ですので、複雑な事になるとなかなか自分では分からない人が多く、プロの元に通うケースは多いです。よく当たる人に出会えると評判がいいのが占い師紹介サービスです。全国各地に優秀な人のみ紹介しているので、自分に合う人に出会える可能性が高いです。実際、利用して初めて相性の合う占い師に出会えたという嬉しい声は多いです。

どんな年になるか知りたい

祈る人

2017年の運勢を占う場合は、生年月日などが必要になることもあるので事前に確認してみましょう。近くに占いのお店がなければ個人鑑定をしている占い師を探すのもポイントです。鑑定中は時間があっとう間に過ぎることもあるので、メモをとるのもオススメです。

More Detail

誰でも持つ不思議な色

空

身体の中から発せられるエネルギーをオーラと呼びます。オーラには色があり、その人自身が持つ性質や精神状態などが診断でわかるようになります。特に対人関係で悩むときには対処しやすくなりますから、自分が何色なのかを知っておくと良いでしょう。

More Detail

人間関係に疲れた時には

仕事

仕事で悩んでいる人の多くは人間関係で悩んでおり、それによって転職や退職をする人もいるくらいです。悩んだ時には占いに行って仕事運を見てもらいましょう。それによってすっきりしたり良いアドバイスをもらえたりして、現状を打開するきっかけになるかもしれません。

More Detail